弊社では、機能性、利便性を高めるためCookieを使用しています。
お客様は、「Cookie設定」で詳細を管理することが可能です。Cookie使用に同意される場合は「同意する」をクリックしてください。

NINESIGMA

【調査結果速報】 新型コロナウイルスが及ぼす研究開発活動への影響
~グローバル企業が直面する課題と解決への打ち手~

2020年4月28日
ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社

世界的オープン・イノベーション支援企業ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 諏訪暁彦 以下 ナインシグマ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が研究開発や事業開発に及ぼす影響とその解決に向けた取り組みに関するアンケート調査をグローバル企業のマネージャー層を対象に実施しました。

グローバルに活躍する100名以上の企業の技術者、研究者より回答を得られています。回答者には現在の日本より深刻な状況にある地域も含まれており、まさにCOVID-19の最前線で試行錯誤する現状、さらにはアフターコロナを見据えた取り組みのトレンドを知っていただきたく、速報として結果をお知らせします。ぜひ、皆様の活動の参考にしてください。

アンケート調査を取りまとめた記事は以下をご覧ください。
https://ninesigma.co.jp/news/after_covid-19/

調査は、ナインシグマのOI Council (グローバル企業のマネージャー層が集うコミュニティ:https://ninesigma.co.jp/service/oi-council/)を活用して実施しました。このような物理的な人、モノの移動が制限されている中でグローバルに速やかにアクセスできるオンライン・コミュニティの重要性、期待感を感じていただける結果でもあります。

個別のお悩みや今後に向けた取り組みの相談も可能ですので、ぜひお問い合わせください:https://ninesigma.co.jp/contact/

調査概要
・調査方法:ナインシグマ OI Councilを活用したウェブアンケート調査
・調査対象:欧米をメインとしたグローバル企業のマネージャー層
・回答数:118名(回答者の属性は図1を参照)
・質問項目:
 -Q1. COVID-19が研究開発活動へどの程度影響を及ぼしているか?
 -Q2. 研究開発活動のどのような点に影響が出ているか?
 -Q3. 特に大きな影響や問題に関する具体的な内容
 -Q4. 研究開発上の課題 (Q2) を解決するための取り組み内容
 -Q5. アフターコロナに向けた取り組みの進捗状況は?
 -Q6. COVID-19の影響により、重要性が増したサービスは?
 -Q7. 上記の理由とオープンイノベーションの観点で重要な施策は?

調査結果サマリー
COVID-19の影響は研究開発活動に留まらず、原料部品の納期遅延など企業活動全体にまで多大な影響を及ぼしていることが改めて明らかになりました。この影響は従来の企業活動の在り方を再定義するほどのインパクトを各企業に与えていると推測され、実際、足元の懸念や課題を解決する取り組みと並行して、約80%の企業・組織においてアフターコロナを見据えた検討・取り組みが開始されています。外部組織との戦略的な協働を意味するオープンイノベーションの観点では、対面での協働が難しくなっている今、バーチャルなネットワークに対する期待が更に高まっています。

ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社について
ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社は、オープン・イノベーションを通じて誰もが幸せに暮らせる社会の実現を目指し、2006年に設立されました。ナインシグマ・グループは現在、世界105か国で6000件、国内では1400件以上の、オープン・イノベーション支援実績を誇るグローバル企業です。

ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社
本社:東京都千代田区内神田1-3-3
代表取締役社長 諏訪暁彦
https://ninesigma.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社
担当者名:緒方 清仁
TEL:03-3219-2006
E-mail:ogata@ninesigma.com