弊社では、機能性、利便性を高めるためCookieを使用しています。
お客様は、「Cookie設定」で詳細を管理することが可能です。Cookie使用に同意される場合は「同意する」をクリックしてください。

NINESIGMA

公募中の技術テーマ

ナインシグマが国内外の大手企業の依頼を受けて、探索しているテーマの一覧です。
締め切りを1~2週間過ぎた場合でも、提案受付可能なこともございますので、担当のプログラムマネージャーにメール等でお気軽にお問い合わせください。

最新の技術募集テーマを紹介するニュースレター(毎週配信)の配信を希望する方は こちら からご登録ください。

2022年5月18日更新

公募範囲

締切

番号

テーマ

概 略

グローバル 2022/06/30 NG_2021_0001_N_001 多核種除去設備等で浄化処理した水からトリチウムを分離する技術 東京電力ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所で発生している、多核種除去設備等で浄化処理した水からトリチウムを分離する実用技術を求めています。本公募は、公共性の高さから透明性確保のため、承諾いただける場合、提案の採否に関わらず提案者の組織名・氏名を第三者に開示あるいは公表する可能性があります。(個々の提案者の採否結果は開示・公表しなただし、組織名・氏名の開示・公表に承諾頂けない場合でも、提案提出は可能です。
国内限定 2022/05/22 RFP_2022_0003 患者及び健常者由来の腸内細菌叢の検体或いは解析データ 国内の製薬企業は、患者及び健常者由来の腸内細菌叢の糞便検体或いは解析データを求めています。本公募では、患者及び健常者の腸内細菌叢の糞便検体或いは解析データを依頼主に提供できる組織からの提案に期待しています。今回の公募では、糞便検体或いは解析データの有無について、必ずしも全て保有している必要はなく、いずれかを保有する組織からの提案であれば広く歓迎いたします。
グローバル 2022/05/27 RFP_2022_0040 水中に含まれる2価のマンガンイオン濃度を連続的に測定する技術 大手水処理メーカーは、原水(浄水場に入ってくる水)中および浄水中に含まれるマンガンイオン(Mn2+) 濃度を連続的に測定する技術を求めています。
海外限定 2022/06/01 RFP_2022_0048 熱応答性のある膨張性材料 グローバルな大手材料メーカーが、加熱により体積が著しく、かつ不可逆に膨張する、熱応答性材料(単材料、混合材料または複合材料)を求めています。
グローバル 2022/05/26 RFP_2022_0053 低環境負荷なLPガス成分 (プロパン、ブタン)の新規合成技術 大手エネルギー企業が、低環境負荷なLPガス成分(プロパン、ブタン)の新規合成技術の開発パートナーを求めています。従来の石油留分以外の原料からの製造技術を対象とし、触媒プロセス、バイオプロセス、その他の合成プロセスについて、幅広い提案に期待致します。
グローバル 2022/06/07 RFP_2022_0050 操作が必要な時だけガイド構造が出現するデバイス技術 自動車部材メーカー(Tier1)が、操作が必要な時だけ意匠部材表面にガイド構造が出現するデバイス技術を求めています。依頼主は最終的に自動車内装用モジュールパネルの開発を目指しており、そこで使用するためのデバイス技術を有し、依頼主との協業に意欲がある組織からの幅広い提案に期待致します。
海外限定 2022/05/13 NG_2018_0131_N_090 自動車の内装部品に使用できる天然繊維の補強材 BMW社が、プレス製造工程で自動車の内装部品に使用できる、高品質で天然繊維由来の繊維補強複合材料を求めています。
海外限定 2022/05/20 NG_2018_0131_N_093 自動車の内装部品や構造部品に使用可能なバイオ系接着剤 BMW社が、自動車部品、特に木質パネル用接着剤の製造に使用する、天然由来でリサイクル可能な接着剤を求めています。
海外限定 2022/05/31 NG_2021_0004_N_001 Solvay社とAxel'Oneの高分子研究開発拠点でポリマー合成のスケールアップを検討してみませんか ベルギーを拠点とし世界50カ国以上に事業を展開する大手化学メーカーSolvay社は、フランスで化学と環境を軸とした開発拠点を持つAxel'Oneと、高分子に関する研究開発拠点(AdChem4)を運営しています。この拠点を利用して、新規或いは現在開発中のポリマーを保有する組織で、ラボスケールからパイロットスケールへの拡大を検討されたい方からの連絡をお待ちしています。
グローバル 2022/06/16 RFP_2022_0051 news正円窓(蝸牛窓)透過能を付与するDDS技術 国内製薬企業が、中・高分子化合物に正円窓(蝸牛窓)透過能を付与させるためのDDS技術を求めています。