公募中の技術テーマ

ナインシグマが国内外の大手企業の依頼を受けて、探索しているテーマの一覧です。
締め切りを1~2週間過ぎた場合でも、提案受付可能なこともございますので、担当のプログラムマネージャーにメール等でお気軽にお問い合わせください。

最新の技術募集テーマを紹介するニュースレター(毎週配信)の配信を希望する方はこちらからご登録ください。

2018年7月17日更新

公募範囲

締切

番号

テーマ

概 略

グローバル 2018/ 7/ 27 N486160 粉末調味料の殺菌 ペプシコ社が、性能や特性に影響を与えることなく、粉末状の調味料を殺菌する効率的かつ効果的な技術を求めている。
グローバル 2018/ 7/ 11 オハイオ・オピオイド・テクノロジー・チャレンジ:「チャレンジフェーズ」オピオイド危機に対する革新的な解決策 オハイオ・サード・フロンティアは、全米に蔓延するオピオイド危機を軽減するための技術的解決策を求める「オハイオ・オピオイド・テクノロジー・チャレンジ」(全3フェーズ)の第2フェーズ:チャレンジフェーズを開催している。この第2フェーズは、「診断:中毒リスクのある個人の特定」、「防止:オピオイドへの発作的な衝動の抑制」、「コミュニティ:再発や過剰摂取を防止するネットワーク作り」、「保護:家族や医療従事者の不用意なオピオイドとの接触の回避」という4つのテーマに沿い、有力な解決策を募っている。
グローバル 2018/ 8/ 31 NG_2017_0004_N_002 定波長の光に対して透過性をもつ皮革様の表皮材 Yanfeng Automotive社が、皮革のような外観と質感を持ち、同時に特定の波長で特定の輝度の光を透過する自動車内装用の装飾表皮材を求めている。
グローバル 2019/ 8/ 31 NG_2017_0004_N_001 製造工程で組立て部品を保持する再構成可能な治具 Yanfeng Automotive社が、製造工程において自動車内装部品を保持できる汎用治具を求めている。異なる部品の形に応じて再構成可能であることが望ましい。
グローバル 2018/ 8/ 31 NG_2017_0004_N_032 ガラス状の外観と感触をもつ透明の射出成形可能なプラスチック樹脂 Yanfeng Automotive社が、ガラス状の外観と感触をもつ部品となる射出成形可能なプラスチック樹脂を求めている。
グローバル 2018/ 8/ 31 NG_2017_0004_N_018 汚れ、埃及び油分に強い自動車内装用表皮材 Yanfeng Automotive社が、汚れ/埃/小さなゴミ及び油分の蓄積に対して耐久性のある内装用表皮材を求めている。
グローバル 2018/ 8/ 31 NG_2017_0004_N_020 電子ビームを用いたポリプロピレン共重合体の表面架橋 Yanfeng Automotive社が、電子ビーム技術を用い、深さ方向の制御が可能なポリプロピレン共重合体の表面の架橋方法を求めている。
グローバル 2018/ 7/7 NG_2017_0013_N_013 デジタルマンモグラフィーシステム用のオペレーターテーブル シーメンスヘルスケア社が、改良版マンモグラフィーシステムのオペレーターテーブルの設計や組立てが可能なサプライヤ企業を求めている。特に、パソコン1台、モニター2台(うち1台は回転可能)の他、マンモグラフィーシステム及びパソコンの制御部を搭載するのに十分なスペースが確保できるオペレーターテーブルに期待している。また人間工学的な高さの調節機構を備えているとなお望ましい。
グローバル フロリダ州・イーストオーランド商工会議所によるイノベーション・コミュニティの創設 アメリカ・フロリダ州のイーストオーランド商工会議所は、イノベーションの創出へ向けたオープンかつ建設的な交流コミュニティ・OPTIC(Orlando’s Professional Innovation and Technology Collaborative)を立ち上げた。フロリダ中央部に所在し、研究開発や商品開発・技術革新に必要な資源を強化したいと考える組織の入会を幅広く歓迎している。最終的にはフロリダ中央部の経済成長を強化・支援するために必要な技術の開発~商業化を推進することを目指しており、OPTICの会員には、プレゼンテーションや会議、ワークショップの開催や参加に加え、イノベーション能力の向上やコンセプト開発・課題解決につながりうる数々の機会が提供される。
グローバル 2018/ 7/6 RFP_2018_3751 非ハロゲン化難燃剤 ポーランドに拠点を置く発泡ポリスチレン(EPS)の世界的メーカーであるシントス社が、製造工程中にEPSに添加すると難燃性を付与できるハロゲンフリー化合物を求めている。
グローバル 2018/ 9/ 13 IC_2018_0122 GEアビエーション・アセンブリ・チャレンジ:Bナット締め付け部品の正しいアセンブリ ゼネラル・エレクトリック社が、配管をつなぐ連結用ナットであるBナットの、正しい締め付けと防漏を確実にする技術や手法を求めている。
グローバル 2018/ 7/6 RFP_2018_3737 アルミニウム用防氷表面処理 大手消費財メーカーが、防護環境におけるアルミニウム表面での着氷や氷の蓄積を防ぐ方法や技術を求めている。
グローバル 2018/ 7/ 13 RFP_2018_3723 2D及び3Dプロジェクション技術 大手消費財メーカーが、スクリーンやディスプレイを使わずに2D及び3Dの画像や動画を表示できる技術(たとえばホログラフィ)を求めている。
国内 2018/ 7/ 13 T-1133 高い位置精度をもつロボットアーム・制御技術 株式会社ブリヂストンが、設備内に設置された部材(測定対象)の状態を検査するため、測定デバイスを設備内に運搬し、固定することのできるロボットアームやその制御技術を求めている。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0015_N_042 清涼飲料水用容器包装の未来 サントリー食品インターナショナル社が、持続可能性を向上させ、かつ環境負荷を大幅に低減させる、自社の清涼飲料水用容器包装へのソリューションを求めている。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0015_N_043 ライビーナブランド向け包装材料の改善 ルコゼード・ライビーナ・サントリー社が、ライビーナブランド向け包装材料(「ライビーナミニ」に使用される着色プラスチック及び「紙パック入りライビーナ」のストロー)をイギリスの現行のリサイクル処理の流れに適合したものにするための持続可能なパッケージングに関するソリューションを求めている。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0015_N_044 二次及び三次包装の持続可能性を向上させる技術 ?シュリンク包装をシュリンク(削減)!- ルコゼード・ライビーナ・サントリー社が、外箱のシュリンク包装(二次包装)に使用されるプラスチック及び、パレット包装(三次包装)に使用されるリサイクル不可のプラスチックについて、それらの使用をなくす、減らす、またはその持続可能性を向上させる若しくは環境負荷を低減する方策を求めている。
国内 2018/ 7/ 18 T-1129 薄板ばね材の熱処理による形状の成形技術 国内大手機械メーカーが、薄板ばね材の熱処理による形状の成形技術を有するパートナーを求めている。
国内 2018/ 7/ 17 T-1130 植物果実・種子の内在成分を増加・変換する技術 サントリー社は、農作物などの自然の素材を用いた多数の製品を製造しており、素材に秘められた味や香りを一層引き出し、おいしい食品や飲料を消費者に提供するために、木本植物の果実や種子(例:ぶどう、もも、コーヒー等)の内在成分を増加したり、変換したりする技術を求めている。処理後、食用可能な技術であれば、種子の処理や農業に使用実績のない技術の提案も歓迎する。また、科学的根拠のある技術であれば、コンセプトレベルであっても提案を歓迎する。
国内 2018/ 7/ 23 T-1131 聞こえづらさの予防・改善に効果がある食品の開発パートナー 売上兆円規模のグローバルメーカーが、聴覚障害・難聴を含む聞こえづらさの予防・改善に役立つ健康食品(サプリメント、飲料等)の開発を目指しており、聞こえづらさの予防・改善に効果が期待できる素材、並びに素材の評価系を求めている。科学的根拠のある技術であれば、コンセプトレベルであっても提案を歓迎する。
グローバル 2018/ 7/6 NG_2017_0013_N_071 回転機械に流入する大量のエアフローを精密かつ正確に制御する技術 シーメンス社が、ガスタービンなどの回転機械に流入する大量のエアフローを制御する方法を求めている。現在はエンジン内の固定翼を正確かつ精度よく回転させることで制御している。既存の手法でない新しい提案の場合は、既存のエンジンに後付けできるものである必要がある。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0013_N_084 大型プラスチック部品向け静電気散逸性表面コーティング シーメンスヘルスケア社が、大型のカバー部品(2m2)の表面に中間色又は白色の静電保護表面を装備する解決法を求めている。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0013_N_081 医療環境における人物追跡用ハードウェア シーメンスビルテクノロジ社が、医療環境(例えば赤ちゃんに装着し誘拐を防止する、高齢者の患者や病院職員の追跡に使用するなど)において人物追跡を行うためのリストバンド型のソリューションを求めている。ソリューションは独自仕様ではなく、シーメンスが提供する屋内ネットワークに組み込み可能であることが望ましい。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0013_N_082 スペクトル領域759-766 nmの単一モードレーザーダイオード シーメンス社プロセス&ドライブ事業本部は、ガスを対象とした分光分析のための単一モードレーザーダイオードのサプライヤーを求めている。対象となるレーザーダイオードは、 759-766 nmの中心波長の周囲で0.3nm以上の範囲にわたりモードホップフリーのチューニングが可能なものであることが望ましい(厳密な中心波長はサプライヤーとともに指定する)。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0013_N_083 屋内外で使用できる資材搬送用の自動又は遠隔操作による無人運転システム シーメンス社が、狭い空間で高重量かつ高価な製品を移動しやすくする搬送システムまたははソリューションを求めている。ソリューションは、屋内外での操縦が可能なもの、オープンスタンダードなITアーキテクチャに統合しやすいように、オープン・インターフェースを使用するものであることが望ましい。
グローバル 2018/ 7/ 26 NG_2017_0006_N_002 トライボロジカルシステムでの使用に適したドライ潤滑剤 Subsea 7社が、トライボロジカルシステムにおいて数キロメートルにわたり大量に塗布できる新たなドライ潤滑剤を求めている。このシステムにおいては、スチールとナイロンの間の摺動界面によって製造スケジュールが決定される。摩擦を低減することで、より長尺の製作が可能になる。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0016_N_021 生物付着への挑戦 ステナAB社が、船体を絶えず海洋生物の付いていないきれいな状態に保つ(生物の付着を防止するまたは継続的に除去する)新たな手法を求めている。
国内 2018/ 7/ 30 T-1136 金属母材表面へのフィラー粒子層の形成技術 売上数千億円規模の国内大手医療機器メーカーが、社内の加工プロセスでの利用を目的に、金属母材表面に、フィラー粒子層を形成する技術を求めている。
国内 2018/ 7/ 30 T-1137 配管内で気液を均等に混合できる噴霧ノズル 大阪ガス株式会社が、都市ガスあるいはLPGからの水素製造装置に実装可能で、配管壁での噴霧液の再凝集を防止することで、均一な混合ガスが作成可能なスプレーノズル技術を求めている。配管壁で噴霧液の再凝集を起こさないためには、噴霧角度の調整や噴霧流体の粒径を小さくすることが課題であり、その調整が難しくなっている。
国内 2018/ 7/ 31 2360064 体外診断用の新規バイオマーカー 大手診断薬メーカーが、体外診断薬用の新規バイオマーカーを求めている。依頼主は、体外診断薬や機器の研究開発に強みを持っており、これまでに血液凝固や感染症など、臨床現場で要望の高い疾患の診断薬を上市している。
国内 2018/ 8/1 RFP_2018_3745 中分子化合物を真皮まで送達させる技術 国内大手医薬品メーカーが、皮膚疾患への適用を想定した中分子化合物を真皮に送達させる革新的なドラックデリバリー技術を求めている。望ましくは、中分子医薬品を真皮に送達できる技術に期待している。
国内 2018/ 7/ 31 RFP_2018_3772 高周波帯の電気ノイズを低減する技術 大手自動車部品メーカーが、高周波帯の電気ノイズを低減する技術を求めている。具体的には、車載向け機電一体システム内で発生するコモンモードノイズを小型な体格で低減可能な技術(例えば、アクティブノイズフィルタ)に期待している。
国内 2018/ 8/6 RFP_2018_3 タイヤを原材料に解体可能にする革新的な将来技術 株式会社ブリヂストンが、タイヤやコンベヤベルトを解体・分解できるタイヤ業界にとって異分野の技術に期待している。家電や靴などの民生品や、航空宇宙などの産業用途にて、ゴムと金属の複合体の解体・分離に適用可能な、実績のある技術を歓迎する。一方、依頼主は2016年に同様の公募を行っているが、今回はさらなる将来を見据え、ゴムと金属の複合体を解体・分離して回収可能にする革新的技術やアイデアも歓迎する。
国内 2018/ 7/ 26 RFP_2018_3741 有害微粒子・電磁波からの皮膚保護技術の開発パートナー 売上兆円規模の大手メーカーが、人の皮膚全般に対して、PM2.5や花粉などの微粒子の接近や付着を防ぐ、または通信用電波・紫外線・赤外線などの電磁波を遮蔽する技術の開発パートナーを求めている(現時点で人の皮膚への適用実績は問わない)。
グローバル 2018/ 9/ 20 2018 エア・リキード・サイエンティフィック・チャレンジ 産業ガスの先端企業であるフランスのAir Liquide社が、基本的な小分子「エッセンシャル・スモール・モレキュール」周辺の技術の刷新や、空質の向上、気候変動に関する3つのテーマに対する新たな応用技術の提案を科学関連組織から募っている。
グローバル 2018/ 9/ 28 NG_2017_0001_N_037 多段ガス分離技術 PepsiCo社が、脱水工程における廃熱回収効率を高める、多段ガスの新たな分離技術を求めている。
グローバル 2018/ 9/ 28 NG_2017_0001_N_051 あらゆる包装関連技術 PepsiCo社が、グローバルな事業展開の向上を図るため、新たな包装関連技術を求めている。
グローバル 2018/ 9/ 28 NG_2017_0001_N_032 新規のタンパク質源 PepsiCo社が、同社のスナック・飲料製品に利用できる新規のタンパク質源を求めている。
国内 2018/ 8/ 10 T-1134 news250℃以上の耐熱性がある非金属製容器 売上数百億円以上の国内大手日用品メーカーが、有効成分を室内に揮散させる製品を扱っており、分別廃棄容易な250℃以上の耐熱性のある容器開発に資する技術を求めている。
国内 2018/ 8/ 10 T-1135 news水溶性化合物のノンアルコール製剤化技術 売り上げ数百億円以上の国内大手日用品メーカ―が、水溶性の高い化合物をヒトの肌へ塗布可能な液剤、ジェル、もしくはクリーム状製品として開発するために、当該化合物の活性に影響を与えず、数10%程度溶解させたノンアルコール製剤化技術を求めている。
国内 2018/ 8/ 20 RFP_2018_3777 news健康や美をもたらす食品原料 売上数千億円規模の国内大手ヘルスケアメーカーが、健康や美をもたらす食品原料を求めている。特に、数年後にトレンドとなりそうな食品原料、魅力的な特徴を有する食品原料を探している。
国内 2018/ 8/2 RFP_2018_3739 news既存の美容行為を置き換え得る革新的技術・アイディア グローバルビューティーカンパニーを目指す株式会社資生堂(www.shiseidogroup.jp)が、これまでの美容行為や美容習慣のあり方を変え得る革新的な技術や、技術をベースにしたサービス・アイディアを幅広く求めている。現時点で化粧品などの美容分野への適用実績がないものでも、本分野への適用可能性があるものであれば積極的に提案を歓迎する。
グローバル 2018/ 8/2 RFP_2018_3739 news非侵襲の生体情報測定技術 サントリーグローバルイノベーションセンター(株)が、生体情報を非侵襲に測定する技術を求めている。具体的にはヒトの消費エネルギー量または血中乳酸値を測定可能な技術を求めている。
グローバル 2018/ 8/2 RFP_2018_3762 news炭酸水の飲用時の健康効能 サントリーは、炭酸水の健康効能に関する情報提 供、技術開発提案を求めている。 飲料開発に有用な情報の提供者には 5?30万円の 謝礼を支払う用意がある。
グローバル 2018/ 8/6 RFP_2018_3752 news血糖値上昇または肥満を抑制する食品素材 売り上げ兆円規模のグローバルな飲料メーカーが、食後の血糖値上昇 または肥満を抑制する食品素材を求めている。 具体的には以下の 2タイプのいずれかに該当する 素材を求めている。 (1) 食後の血糖値上昇または肥満を抑制するコー ヒー由来成分 (2) 血糖値上昇を抑制する食品素材/食品添加物
グローバル 2018/ 8/3 3752 newsモーターベアリングの故障を検出する後付け可能な方法 大手エンジニアリング企業が、機械を開けたり設計変更をしたりすることなく機械内のモーターローラー用ベアリングの故障を検出することができ、既存の機械にも適用可能な技術を求めている。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0015_N_014 news次世代の保存料 Suntory Beverage & Food社が、飲料品向け合成成分の使用に代わる、もしくは使用を減らすための新たな保存料を求めている。
グローバル 2018/ 7/ 31 NG_2017_0015_N_015 news長期的に安定的な炭酸飲料の実現 Suntory社が、飲料のカーボネーションを高めたり効率化する手法や、飲料中の炭酸を賞味可能期間中安定的に保たせることのできる技術を求めている。
グローバル 2018/ 8/ 22 RFP_2018_3779 newsCD206陽性細胞への核酸送達技術を活用する創薬アイデア 国内大手製薬企業が、依頼主が開発した核酸送達技術を活用できる可能性のある創薬アイデアや共同開発パートナーを求めている。依頼主の送達技術を用いた試験希望の申し出も歓迎する。
グローバル 2018/ 8/ 8 RFP_2018_3781 news福島第一原子力発電所の汚染水から放射性物質を吸着・除去する材料 東京電力ホールディングスが、福島第一原子力発電所の汚染水処理設備で用いる、放射性物質を吸着・除去する材料を求めている。具体的にはセシウム137とストロンチウム90を同時吸着、または、ストロンチウム90のみを選択的に吸着可能な材料に期待している。

ページトップへ戻る