弊社では、機能性、利便性を高めるためCookieを使用しています。
お客様は、「Cookie設定」で詳細を管理することが可能です。Cookie使用に同意される場合は「同意する」をクリックしてください。

ナインシグマは、オープン・イノベーションを加速させる画期的なプラットフォーム『OIカウンシル』をスタート。12月3日よりウェブサイトにて、お問合わせを開始。

2018年12月4日
ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社

世界的オープン・イノベーション支援企業ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 諏訪暁彦 以下 ナインシグマ)は、情報探索サービスのプラットフォーム『OIカウンシル』(オープン・イノベーション カウンシル)をスタート、12月3日よりウェブサイトでお問合せの受付を始めました。URL: https://ninesigma.co.jp/service/oicouncil/

 

新サービス オープン・イノベーション カウンシルの概要と特徴
ナインシグマのOIカウンシルは、業界最先端の知見を持つ世界中のキーパーソンやオピニオンリーダーから、1~3週間という短期間で個別の課題に対する回答を得ることが出来る、画期的なオープン・イノベーション情報探索サービスです。加えて価格帯も、従来型の技術探索サービスに比べてお試しいただきやすい設定になっています(弊社既存サービスとの比較です。詳しくはお問い合わせください)

このOIカウンシルでは、新製品の出口戦略や新規市場へのリーチ戦略、に加え製造や開発上の事業フェーズの課題など、企業がオープン・イノベーションを推進するにあたり直面する幅広いテーマについて、効果的な回答を得るための『設問設計支援プログラム』も用意されています。

 

業界や分野を超えた世界のプロフェッショナルが、カウンシルメンバー
クライアントとなる日本企業の質問に答えるOIカウンシルのメンバーは、各業界で信頼できる実績を持つグローバル企業のキーパーソンで構成されています。業界、ビジネス分野や地域の枠を超え、ボーダーレスに技術やビジネスの課題への知見を求めることができます。

 

ネーミングとロゴについて

ネーミングに込めた意味:
OIカウンシルの「OI」は、オープン・イノベーション。カウンシルは評議会。オープン・イノベーションの入口から出口まで、アイディアや技術から生産や出口戦略までのビジネス全般に関わる、広い領域のグローバル・プロフェッショナルが、OICメンバーであることを明確に伝えるためのネーミングです。

ロゴのデザイン意図:
OIカウンシルのプラットフォームは世界中にネットを通じて広がっており、また分野もメンバーもあなたに繋がるネットワークの価値は無限大であることを表しています。また他のサービスに比べると圧倒的な短時間・リーズナブルなコストでハイクオリティであることを訴求するため、プロフェッショナルさとスピード感を同時に感じさせるデザインにもなっています。

 

ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社について
ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社は、オープン・イノベーションを通じて誰もが幸せに暮らせる社会の実現を目指し、2006年に設立されました。ナインシグマグループは現在、世界105か国で5000件以上、国内では1200件以上の、オープン・イノベーション支援実績のあるグローバル企業です。

ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社
本社:東京都千代田区内神田1-3-3
代表取締役社長 諏訪暁彦
http://www.ninesigma.co.jp/

 

 

このプレスリリースに関するお問合せ
ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社 マーケティング 大田
E-mail :press@ninesigma.co.jp