NINESIGMA TOP > 研究開発TOPとの対談 > 第12回 パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 竹川 禎信

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社

竹川 禎信氏

あらゆる人が快適に暮らせる社会を目指し、住宅や車など様々な空間でより良い暮らしを提案する「パナソニック」。
なかでも、パナソニックが今後の成長の柱ととらえ、快適環境づくりを担う 「エコソリューションズ社」で、開発の指揮を執り常務を努める竹川禎信氏に、今後の成長と開発戦略について話を伺いました。

環境負荷の低減と暮らしの向上
必要なのは「掘り抜く力」

諏訪パナソニックでは、2013年より4カンパニー制となっていますね。

竹川現在当社では、事業ごとに4つのカンパニーを設けています。具体的には、デジタル技術を軸としてBtoB事業を行う「AVCネットワークス社」、デジタル関連や美容家電、空調などの家電全般を手掛ける「アプライアンス社」、照明や配線、住宅設備といった建築・住宅関連の開発を手掛ける「エコソリューションズ社」、そして車載用商品や部品関係の開発を行う「オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社」があり、私はそのうちのエコソリューションズ社で技術開発を担当しています。

諏訪住宅やビル、工場や商業施設などの環境にまつわる技術開発がご担当ですね。

竹川そうです。世界中の人々が環境負荷を軽減しながら快適に暮らせる社会の実現を目指し、住宅やビルなどの環境設備の向上を目指しています。

諏訪環境への負荷を配慮しながら快適な環境を求めるということは、一見相反しているようにも思えるのですが。

竹川ええ。今でも、環境負荷と快適さは比例するという意味で「トレードオフ」の関係にありますから、エネルギーを使うほど生活はより快適になると言われています。

諏訪エネルギー消費は環境への負荷がかかりますからね。

竹川そうです。そのためエコソリューションズ社では、エネルギー消費と快適さを連動させないようにするという意味の「ディカップリング」という考え方で、快適な環境づくりを目指しています。

諏訪つまり、エネルギー消費と環境への負荷関係を切り離す、ということですか?

竹川ええ。少し分かりにくいかもしれませんね。簡単に申し上げると、トレードオフに対して「トレードオン」という考え方です。「トレードオン」という言葉は実際にはありませんが、エネルギーを消費し住環境の質を向上させながら、一方では環境負荷を軽減させるという新しい発想です。このような考えを実現させるには、これまでにない新たな技術開発が重要な鍵を握ると考えています。

諏訪なるほど。それはどのような技術になるのですか?

竹川例えば住宅の場合、冷蔵庫やエアコンなど、エネルギーを消費することが圧倒的に多いですよね。そのため、環境負荷を低減し、かつ自然と調和させる生活を実現するためには、家の断熱性を高めたり、たまった電力を蓄熱して放出させたりといった様々な技術をミックスさせることが基本になってきます。

諏訪今ホットな技術分野ですね。でも御社では、消費する側だけでなく、太陽光パネルのように発電側も手掛けていらっしゃいますね。

竹川ええ。今は住宅のみを対象としていますが、太陽光で発電した電気を買う事業も行っています。

諏訪対象となるのは一般住宅ですか?

竹川発電した電気を買う事業は住宅を対称にしていますが、機器としては住宅から工場まで対象範囲は多岐に渡ります。

諏訪御社は、対象とするお客さんも、事業の範囲も非常に広いですが、個人や法人などの対象範囲に応じて、組織体制を組んでいらっしゃるのですか?

竹川あくまで事業内容で分けています。具体的に申し上げると、照明に関する「ライティング事業部」、太陽光発電や配線器具などの電気設備を行う「エナジーシステム事業部」、キッチンやトイレなどの水回りや雨どいなどの外回りを行う「ハウジングシステム事業部」、空気清浄器などを手掛ける「エコシステムズ」などに加え、「マーケティング本部」「技術本部」「ものづくりの革新本部」があります。

諏訪技術開発の対象となる商品が多岐に渡る中、技術開発のマネジメントはどのようにされているのですか?

竹川それぞれの事業部に研究部門を置いていますので、私の所属する技術本部としては、「システム開発」「先進コンポーネント開発」「コア技術開発」というように、ベースとなる技術をもとに組織を構成しています。 

諏訪技術ベースであれば、個人や法人の垣根を越えて多くの商品をカバーできますね

竹川おっしゃる通りです。もともと、エコソリューションズ社の母体である松下電工は、アタッチメントプラグという金属と成形品のハイブリッド製品からスタートした会社です。そのため、創業から続くその技術をベースに、配線器具やソケット、照明器具へと製品を広げてきた経緯があります。また。技術は時に「深さ」も必要です。そうした意味でも技術をベースとした組織であるべきだと考えています。

諏訪創業から続くベースの技術をより磨き上げていくという意味ですか?

竹川ええ。松下電工を創業の頃から支えた社長の丹羽正治が、「井戸を掘って地下水脈まで到達すれば水は出続けるように、技術も深く掘り下げることで事業はより続いていく」という言葉を残しています。「掘り抜き井戸」という言葉を用いてしばしば説明していましたが、まさに技術も同様です。

諏訪まさに井戸の水が涌き出るように、いろいろと展開できる「極めた技術」が幾つもあれば、たとえ幅広い商品があっても、それぞれを強化することができますからね。

竹川もちろん各事業部のR&D部門でも必要な開発は進めていきますが、その技術を他の事業でも展開できるまでに「掘り抜く」ことが、技術本部の使命だと考えています。ただし、全てがうまくいくわけではありませんから、あくまで種は多く蒔いておいて、その中から絞り込んでいくことも必要です。

諏訪しかし、井戸を掘るといっても多くを掘ることは、決して容易なことではありませんよね。しかも、どこをどの程度掘り進めばよいのか…以前よりも見えにくくなっているように感じるのですが。

竹川確かに、R&Dを取り巻く環境は急激に変化しています。そのため、各世代に合った進め方が必要だと感じています。

→次のページへ