コンテストの概要

新規事業の認知度を高めつつ、技術領域のベストパートナーを見つけるため、グローバルにイノベーティブコミュニティを巻き込みながらコンテストを行います。新規事業を徹底的にアピールし、デモ・試作を募ることで、有望技術にリーチ出来る可能性が広がります。

以下のような目的での利用に向いています。
1.有望人材のデモ・試作実施による事業構築の加速
2.今後の事業・製品に関する認知拡大
3.有望人材の発掘

ナインシグマならではの強み

  • 調査範囲や興味をフレキシブルに指定できる

    能動的働きかけによる多くの提案収集

  • 世界中の未把握の先端技術情報を収集できる

    優れたイメージを維持する慣れた運営

コンテストの公募サイトNine Sights

事例
GE 3Dプリンティング

GE 3Dプリンティング

航空機部品の重量を大幅に削減できる設計アイデアのコンテストを行ったところ、最大80%の軽量化が可能な設計アイデアを得ることができた。

しかし、形状が複雑すぎて通常の方法では製造するのは不可能であった。

そこで、金属材料による3Dプリンティングに解決策を求めることにしたが、書面では判断できないため、試作品まで作ってもらう公開コンテストを実施した。

フェーズ1
能力実証

募集期間: 13年6月11日~8月9日
結果発表: 13年10月1日

懸賞

・最大10人受賞
・各受賞者に与えられるもの

》5000ドル(約50万円)の懸賞金
》フェーズの2参加資格

・フェーズ2に参加する場合:

》フェーズ2用の5000ドルの製造費用
》プロトタイプのスペックのCAD
》プロトタイプ作成用材料

フェーズ2
プロトタイプ作成

募集期間: 13年10月1日~14年1月15日
結果発表: 14年3月1日

懸賞

・プロトタイプは幾何学的、重さ、ボリュームで評価
・最大3人受賞
・各受賞者に与えられるもの:5万ドル
(約500万円)の懸賞金
・受賞者はGEとの共同開発の機会を与えられる

試作品で評価し、複雑形状の金属部品の生産が見込める
有望な3Dプリンティング技術を2つ特定

実践支援プログラム一覧へ戻る

ページトップへ戻る