2017年度の主な活動内容

REPORT

精密計測・微細加工分野に知見を持つ研究機関や産業支援機関等の協力を得て、以下の活動を実施しています。

  • 01

    プラットフォーム機能の強化

    大手企業のオープンイノベーション部門や開発部門と各地域の支援機関との連携強化することを目的に、オープンイノベーション関連者が集う交流会を年2回(8月/12月)実施します。

  • 02

    国内外の大手企業の開発課題を解決する「ニーズプル型マッチング」の実施

    微細加工・精密計測技術を中心とした製造基盤技術分野において国内外の大手企業が有する、開発課題に対する技術ニーズをベースにした中核企業とのマッチングを実施します。

  • 03

    中核企業連携によるソリューション強化

    ものづくり課題解決を行う中核企業間のチーム作りを支援し、社会課題の解決や一社では解決できない課題に挑戦するプロジェクトチームを組成し、中核企業間の連携を促進します。

2016年度の活動はこちら

2016年度の主な活動内容

REPORT

  • 01

    大手・中堅企業の開発課題を解決する「ニーズプル型マッチング」の実施

    大手メーカー13社より技術ニーズを公開し、中核企業からの提案を募集。
    2016年10月に集中面談会を実施し、80件以上の面談(提案数の60%以上)を実施しました。

  • 02

    精密計測・微細加工分野におけるグローバルネットワークの構築

    「精密計測・微細加工プラットフォーム」は、プラットフォームの取り組みと、参画する中核企業の優れた技術を広く知っていただくために、国際ナノテクノロジー総合展・技術会議「nano tech 2017」(2017年2月15~17日・東京ビッグサイト)へ出展いたします。本展示会では、医療分野や部素材分野など、様々な分野における開発課題の解決や製品の付加価値向上を実現している7社を紹介いたします。

    <nano tech 2017ホームページ>
    http://www.nanotechexpo.jp/main/

    <精密計測・微細加工プラットフォームのパンフレット>
    http://www.ninesigma.co.jp/pf/pf_pamphlet.pdf

  • 03

    精密計測・微細加工技術の未来を考える「共創ワークショップ」の実施

    2016年11月・12月にプラットフォームに参画する中核企業を中心に、大手メーカー・公官庁などから約40名が集まり、「2040年の製造現場」というテーマで議論をしました。

    <開催報告(経済産業省関東経済産業局ホームページ)>
    第1回:http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/juten/futuresession_1th_houkoku.html
    第2回:http://www.kanto.meti.go.jp/webmag/1701/1701chishin2.html

  • ニーズ説明会の様子ニーズ説明会の様子
  • 共創ワークショップの様子共創ワークショップの様子