2017年12月 「オープンイノベーションで成果を出す」仕組み構築

開 催 地 域

東京

日 時

2017年12月13日(水)15:00~ *受付:14:30~

会 場

トラストシティカンファレンス・丸の内(東京都千代田区)

定 員

100名

開 催 地 域

大阪(共催:Osaka Innovation Hub)

日 時

2017年12月11日(月)15:00~ *受付:14:30~

会 場

Osaka Innovation Hub (大阪市北区 グランフロント大阪)

定 員

100名
参加費:無料
定員を超過した場合は、抽選となりお申し込みを締め切らせていただく場合がございます。

セミナーのねらい

近年、製造業を中心に、研究開発、製造における生産性向上を目的にオープンイノベーション活動への関心が高まっています。それぞれの企業において、独自の取り組みを行っているが、いまだ組織の立ち上げや仕組みの構築といった点で課題を抱えている企業も多いと考えています。そこで、大阪ガスで得た知見やノウハウを伝えることにより、オープンイノベーション活動の参考にしていただくことを目的としています。

参加対象

対象とする分野・部門におけるオープンイノベーション推進者の方
  ・オープンイノベーションを社内で進める必要があるが、具体的に何をすればいいのか分からない。
  ・具体的な手法や事例を知りたい。
  ・国内の中小企業・アカデミアのみならず、海外の組織からも技術を導入していきたい方の参加をお待ちしております。
  ・オープンイノベーションにご興味のある若手技術者のご参加も歓迎いたします。

プログラム(約90分)

    1.今求められるの「オープン・イノベーション」で成果を出す事
    2.オープン・イノベーションで成果を出す仕組み構築
    3.オープン・イノベーションの事例と実績
    4.ミドル・トップ&ダウンがオープン・イノベーション成功の鍵
    5.継続的なオープン・イノベーション活動のために必要な事
    6.HOW TO DOとWHAT TO DOの2つオープン・イノベーション
    7.成果の出ない「オープン・イノベーションごっこ」からの脱却
    8.本当の「オープン・イノベーションプラットホーム」とは
    9.オープン・イノベーションで切り拓く新規事業創造
   10.グローバル・オープン・イノベーションプラットホーム構築
   

講師

松本 毅  (株)ナインシグマ・ジャパン ヴァイスプレジデント
大阪ガス(オープン・イノベーション室長)を経て、(株)ナインシグマ・ジャパン入社。
大阪大学、神戸大学、大阪工業大学などでオープンイノベーションを教え、文部科学省、経済産業省、JST、大阪市など多くのイノベーション関連の理事・委員も務める。
立ち上げて数年で大阪ガスのオープンイノベーションを、日本で最も成功したプログラムに成長させた実績をもとに、全国各地でオープンイノベーションの成功の鍵を説いて回るオープンイノベーションの伝道師。


ページトップへ戻る