ナインシグマ、旭化成の位置・行動センシング技術を用いた
ビジネスアイデアコンテストを米国で開催

株式会社ナインシグマ・ジャパン
2017年10月17日

株式会社ナインシグマ・ジャパン(本社:東京都千代田区、社長:諏訪暁彦)は、旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀秀毅、以下 旭化成)の依頼を受け、同社の位置・行動センシング技術を核としたビジネスを米国で展開を開始するにあたり、現地学生を主な対象とした、アイデアコンテストを開催します。
コンテストサイト:http://ninesights.ninesigma.com/web/asahi

            
Contest
            

本コンテストは弊社米国支社(NineSigma North America)と共同で実施をすることで、米国の学生と密にコミュニケーションをとりながら優れたアイデアを募ります。

旭化成の位置・行動センシング技術は、日本国内においてはスマートフォンの地下街ナビゲーションサービス等で既に活用されており、その精度・完成度は実証済みです。技術単体の利用に留まらず、この高精度センシング技術を生かしたユニークなビジネスを米国で立ち上げるには、現地の課題や潜在ニーズの発掘とそれを踏まえたアイデアが不可欠です。また、米国の大学には多数の起業家クラブが存在し、ビジネスアイデアコンテストが盛んに行われています。そこで、今回はアメリカの学生を主な対象として、コンテスト形式でビジネスアイデアを募ることしました。

有望な応募者には、旭化成のシニアマネージメントへのプレゼン機会が与えられます。うち上位3者は賞金が授与されるとともに、日本での祝勝会に招待されます。
・1位:$20,000 ドル
・2位:$10,000 ドル
・3位:$ 5,000 ドル
                    

募集期間は2018年1月26日まで、受賞者は2018年4月頃に発表予定です。

ページトップへ戻る