コニカミノルタ、手書き入力技術を核としたサービス・イノベーションのコンテスト開始

株式会社ナインシグマ・ジャパン
2014年9月8日 10時

株式会社ナインシグマ・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 諏訪暁彦)は、コニカミノルタ株式会社の依頼を受け、「紙やペンを選ばない手書き入力デバイスのサービスイノベーション」のアイデアを世界中から募集します。

コニカミノルタ、手書き入力技術を核としたサービス・イノベーションのコンテスト開始

技術仲介業を営むナインシグマ・ジャパンは、コニカミノルタ(株)の依頼を受け、同社が開発中の手書き入力デバイスを用いたサービス・ビジネスを展開するにあたり、サービス・イノベーションのアイデア、パートナーを世界中から求めています。
世の中に存在する手書き入力デバイスの多くは専用の紙やペンを必要とするなど、使用時の自由度が制限されています。それに対して、同社技術は紙やペンを選ばず、誰でも本物の紙と同じような感覚で違和感なく利用できます。
同社では、医療、教育、農業、営業・販売・保守現場等々で本技術を生かせると考えていますが、実際にどのようなニーズがあるか、他にも魅力的なニーズがないかを検討するにあたり、世界中にコンテスト形式でイノベーションのアイデア、パートナーを募ることしました。

有望な提案に対する賞金として総額100万円(最大5個人・組織)を準備しております。

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.ninesigma.co.jp/contest/Konicaminolta/

募集開始は2014年9月8日、締め切りは2014年10月31日です

ページトップへ戻る