開発のための社外技術調査のすすめ(前編)

今回は、ナインシグマで私が実施している、簡易な技術調査の手法と、社外技術の導入を前提とした手法をメーカーの開発担当者が実施する意義について解説します。

 

ナインシグマには、「テクノロジーサーチ」というグローバル技術公募サービスがあります。弊社ではこのサービスを正式にお受けする前に、お客様が抱える技術課題について、社外に公募して有力な技術を発見できる見込みがあるかどうかを公募実施前に把握するため、お客様が抱える技術課題について公知の情報をベースとした簡易な調査を行うことがあります。

 

お客様からご相談いただくテーマの大半は、自社での探索では解決策が見つからなかった課題です。ところが、弊社の簡易な調査によって、そのうち数%程度の割合でお客様の満足できるレベルの解決策がみつかってしまう場合があります。

その分野の専門家であるお客様がみつけられなかった技術を、公知情報をベースとした簡易な調査でみつかってしまうようなことが、なぜ起こるのでしょうか? その疑問の答えは、社外技術活用を前提としたナインシグマの調査と、メーカーの開発担当者の調査スタンスの違いにあると考えています。

 

開発担当者の皆様に社外技術活用を前提とした技術調査の手法や観点をご紹介することで、社外技術活用をそれほど意識されてこなかった方や、より意識する必要があると考えている方に、何らかの気づきをご提供できるのではないかと考えています。このコラムでは、私自身がメーカーの事業部で開発に従事していた経験を踏まえながら、メーカーの開発担当者が通常とは異なる視点で社外技術を探すポイントをお伝えします。

 

 

「社外技術が前提」だと何が違うか

 

メーカーの開発担当者が社外技術調査を行う場合、必ずしも社外技術の活用を前提としていません。したがって、自社内で実践することを前提とした具体的な技術情報の獲得も目的として含まれることになります。

 

一方、オープンイノベーションを専門とするナインシグマの調査では、社外技術の活用を前提とします。この場合、異分野技術を転用する可能性も含めて関連技術の全体像をざっくりと広く把握します。社外技術を前提とするということを、メーカーから見た立場で言い換えれば、「関連する技術は、すでにどこかで開発されている可能性がある。その技術を活用した方が、速く製品化できるに違いない」となります。弊社ではこのような考え方を基本姿勢として調査します。

 

このような調査のスタンスの違いにより、先述のような「お客様が見つけられなかった技術がナインシグマの調査で見つかってしまう」というケースが生じるものと考えています。

これから解説する、社外技術活用を前提とする簡易的な調査は、求めている技術を一般的なインターネット検索(GoogleやGoogle Scholarなど)で探索するものであり、目からうろこが落ちるようなテクニックが含まれているわけではありません。

 

しかし、これまで社外技術の活用をあまり意識しなかった方には、視点がまったく異なります。この視点を持つことによって、実現が難しいと考えていた技術や想定外の技術を発掘できる可能性があります。

 

私がメーカーに勤めていた頃、「このような技術があれば理想的だが、現実的な工程を考えると実現は不可能だろう」と個人的に考えていた技術が、その後、競合メーカーから商品化されていたことがありました。無意識のうちに、すぐに出来そうな範囲に限定した開発となってしまっていたように感じています。目先の業務に追われ、「理想の技術」を実現する技術の探索に時間をかけられていないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを機に、一度時間を割いて社外技術の調査をしてみることも無駄ではないはずです。

 

社外技術の活用を前提とする調査において意識すべきだと考える2つのポイントをご紹介いたします。

なお、ここで述べる手法は一例であり、テーマや弊社メンバーによって、調査方法は異なることをご留意ください。

 

 第1ポイント:

関連技術のリスト作成を通じて技術分野の全体像を把握するために、

1つ1つの文献を深く読み込まないようにして、数多くの文献にあたる

 第2ポイント:

目的の技術を要素分解した上で、転用できそうな異分野の技術も含めて

探索する

 

これらに留意することで、結果的に求めている技術に近いものが見つかる確率が高まると考えています。

 

Man with laptop

 

社外技術調査のポイント1:深入りしない

 

第1のポイントは、調査の過程でみつかった文献をその場では深く読み込まず、全体像の把握に徹することです。

することで、数多くの多様なアプローチの文献に当たれるため、結果的に良い技術が見つかる確率が高まります。

 

調査中に興味深い内容や自分が知らない内容の文献があると、深く読み込みたくなるものです。しかし、その後の調査で他にも重要な文献が色々と出てくる可能性があり、その場合は全部読んでいたらきりがありません。その場では概要を読んだ所感をリストにメモすることにとどめて、次の文献に移ります。

 

1つの文献の全文を読むためには、ある程度まとまった時間が必要になります。このとき、途中で出会った文献を深く読み始めると、調査が中途半端な状態で中断されてしまう恐れがあります。

私がメーカーにいた頃には、調査で見つかった興味深い論文を読破しようとしたものの、本来の業務が忙しくて全部を読み切れないということがよくありました。業務の合間時間で、関心のある論文を全て読み込むのは多くの方にとって現実的ではないでしょう。簡易技術調査では、まずリストを作成し、個別の読み込みは優先順位を見極めた後にします。コメントを簡単に記載したリストがあれば見返すこともできますし、調査中断後の再開も容易になります。

 

また、概要を把握する際に、技術開発が行われる社会的背景にも注意することも重要です。特に求めている技術に近いものが、異なった目的で開発されているケースがあります。このような場合、社会的背景などを理解することが、特に異分野技術を視野に入れた場合の調査の効率化につながります。

 

目安として、3時間から半日程度かけて20~60件程度のリストアップを行います。数件を深く読むよりも、良い技術に巡り会える確率は高まります。たとえ求めていた技術が見つからなくても、「自分の求める技術の開発はどのような組織が行っているか」「求める技術そのものが存在するか」「異分野ではどのような目的と方向性で開発されているのか」などのおおまかな全体像が分かり、開発の参考になるはずです。

 

後編では、社外技術調査のポイント2点目についてご紹介します。

 

<関連リンク>

グローバル技術公募サービス【テクノロジーサーチ】についてはこちら