NINESIGMA TOP > 研究開発TOPとの対談 > 第6回 三菱化学株式会社 執行役員 経営戦略部門長 浦田 尚男

三菱化学株式会社

執行役員 経営戦略部門長 浦田 尚男

第6回のゲストにお迎えしたのは、「Good Chemistry for Tomorrow」を合言葉に、快適な社会の実現を目指す、三菱化学株式会社の執行役員・浦田尚男氏。
時代の変遷とともに大きな変化を遂げる化学業界にあって、今求められる「時代の先を読む力」「変化に対応する力」とは何か。さらに、次世代を担うコア事業の開拓、そして、研究者の意識改革とは───。
業界トップに君臨する三菱化学のR&D哲学、そして未来について伺いました。

顧客とのキャッチボールが、「未完成技術」を磨き上げる

諏訪本日はお時間をいただき、ありがとうございます。昨今の事業環境の変化をどのように捉えていらっしゃるのか、また、この変化に対して、三菱化学のR&Dはどのように立ち向かっていくのか、率直なご意見をお伺いできればと思います。
では、どうぞよろしくお願いいたします。

浦田こちらこそ、よろしくお願いします。
早速ですが、諏訪さんがご指摘いただいたように、R&Dをとりまく環境が近年変化したことで、研究開発の進め方が、以前とは異なってきたように感じています。
その大きな理由を化学会社がたどってきた歴史と照らし合わせて考えると、以前は、石油化学という大きなインフラを製造するための研究開発が中心でしたが、時代の変遷とともに、情報電子や機能化学といった、新たな分野への材料提供が増えてきたことが背景にあります。
そのため、開発にかかる時間が以前はゆったりと流れていたのに対し、近年は開発スピードがより加速し、それに伴い研究開発の進め方にも変化が生まれてきた。従来の石油化学の意義は依然と全く変わっていないのですが。

諏訪まず、従来からの石油化学ですが、事業としては以前と変わらず規模は大きいけれど、R&Dとしては基盤技術がすでに構築されているため、研究開発にそれほど時間を費やさなくてもよくなったということですか?

浦田そうです。これは、三菱化学だけに言えることではなく、他社さんにおいても同じことが当てはまるのではないかと思います。基盤技術の完成度が、かなりハイレベルなところにまで到達していますから。

諏訪一方で、情報電子や機能化学の研究開発の進め方は、石油化学とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

浦田まず、情報電子や機能化学の分野には非常に多くのお客様がいらっしゃるため、材料品質の「規格化」が難しい。

諏訪「キカク」とは、商品企画の企画ではなく、「Standardization」の規格ですね。

浦田そう。例えば、ポリオレフィンについて申し上げますと、以前はそれほどグレードがありませんでした。
しかし、今日の機能商品では、個々のお客様によってニーズが少しずつ変化しているため、例えベースの材料は同じでも、お客様に応じた個別の対応が欠かせません。そのため、その都度、開発の必要がある。
それに、情報電子や機能化学の分野は石油化学と比べ、時間軸が圧倒的に早い。今、研究開発で手掛けているものを例に挙げると、もう少し先でくるだろうと思っていた要求が、あっという間に来てしまう。しかし、そうした要求に応えられず、2番手、3番手になってしまうと、企業として得られる利益もそれなりに減ってしまいます。そうした市場の要求に素早く応えるには、自分たちの計画を前倒しにすることもやむを得ないと考えています。

諏訪感覚的には、どのくらい期間が短くなっていると感じていますか?

浦田3年後に来ると言われていたものが、来年くる…。

諏訪そんなにもですか!

浦田そのような状況です。ですから、3年後に達成できるような研究計画を立てていても、すぐに変更を余儀なくされるので、常に前倒しで開発を進めていく必要があるのです。

諏訪3年後に来るはずだったものを来年手掛けるとなると、かなり大きな変更ですよね。そこに照準を合わせようとすると、相当なリソースを突っ込むなり、計画を大幅に変更しない限り、到底間に合わないように感じるのですが。御社ではそのような事態にどう対処しているのですか?

浦田そこの判断はテーマごとの戦略によって異なります。そうした素早い変化に対応する上で大切なのは、お客様としっかりと対話をしながら、必要な品質を見極めていく目を持つこと。というのも、お客様ご自身も「本当にどういった品質のものが要求に応える上で必要なのか」、十分見えていないことが多いので、材料の提案を受けてしっかり“味見”をしながら、開発を進めていく必要があります。

諏訪つまり、キャッチボールをしながら、少しずつ狙いを定めていくということですね?

浦田そう。我々の持っている技術の100%をつぎ込んでお客様へ提案しても、ニーズがうまくマッチできればそのまま商品につながるので問題はないのですが、大抵の場合はそううまくはいきません。

諏訪お客さんも何がいいのか結論が出ていないあやふやな段階ですから、当然そうなりますよね。

浦田そう。それにもかかわらず、自分たちの考える100%を出した上で、お客様から「もっとこういう風に改良してほしい」と言われると、技術の粋を詰め込んだものが全否定されることになるので、それ以上どう手を打てばいいのか、答えに窮してしまう。

諏訪それが、できる限りの最適化を図ってたどり着いた、いわば自信作ともいえる材料だと、それ以上の改良に関する要求は受けがたいですし、これまでの努力も無駄になってしまいますからね。

浦田だから、研究開発のできあがり具合としては、100%の完璧さはあまり必要ではなく、むしろもっと手前の、50%、60%程度の完成度で、残りの40%、50%の部分を、お客様のニーズに答えるための余力として残しておくことのほうが、材料開発を極めていく上では重要だと考えています。研究者の性分としては、最初からより完璧なものを生み出しておきたいという、強い欲求があるのは確かですが…。

諏訪「誰にとって良いものか」を念頭に置くということでしょうか?

浦田そう。そのため、「良いかどうかは研究者が決めるのではなく、お客様が決める」という謙虚な気持ちを研究者自身にはしっかり持ってほしいと思っています。長い時間をかけて完璧なものを作ったとしても、お客様から「たいしたものじゃないよね」と言われてしまっては、研究者自身もつらいですから…。そういう意味では、お客様の声にしっかり耳を傾け、要望を反映させながら研究開発を進めたほうが、研究者自身のモチベーションも向上しますし、事業としての確度も高くなりますから、非常に意味があると思っています。

諏訪昔は目標が明確だったので、そこに集中して良いものさえ作っていればライバルに勝つことができました。しかし、今はそうはいきません。それは、先ほどおっしゃった、「規格の多様化」も関係しているわけですね。

浦田そうです。例えば、石油化学の場合、ある化合物名がついたものに対して「純度が99.3%で、コストは○△□円です」と品質や価格で競うことが多かったのですが、機能商品の場合だと、むしろ使いたい側の「もう少しここ、こうならないかな」といった要求や要望にいかに答えるかという「対応力」も求められてきたからです。

→次のページへ