NINESIGMA TOP > 研究開発TOPとの対談 > 第4回 コニカミノルタ株式会社 専務執行役 杉山 高司

コニカミノルタ株式会社

専務執行役 杉山 高司

第4回のゲストに起こしいただいたのは、コニカミノルタ株式会社で専務執行役を務める杉山高司氏。
対談では情報機器事業、産業用材料・機器事業、ヘルスケア事業など、多彩なビジネスをグローバルに展開するコニカミノルタが強みとする、材料・微細加工・光学・画像分野におけるコア技術の開発、また技術戦略についてお伺いしました。

諏訪本日はお時間をいただき、ありがとうございます。
世の中の変化が激しくなり、従来通りの研究開発をしていては、なかなか事業につながらなくなった、とよく言われています。
そんな中、御社では技術戦略の基本方針として、「強い成長を推し進めるコア技術・基盤技術の融合化・複合化」、「中期環境計画2015を実現する環境配慮型技術開発の推進」、「グループ基盤技術強化の推進」、「技術価値の追求」、「技術人材力の強化」の5つを挙げていらっしゃいますね。
これらについて詳しくお話を伺いたいと思っております。
まず、事業につながる研究開発の在り方について、教えていただけますか?

事業計画をリードする技術の中期経営計画

杉山先を読みづらい時代になりましたが、コニカミノルタでは、競合と比べてリソースでは大きく劣りますので「5%、10%という低い確率で数を打てば良い」という状況ではありません。ですから、差別化できるコア技術を持ち、個々のレベルを向上させることで、開発した技術が事業に結びつく「確度」を高めていくことが重要です。
事業につなげるということは、まず、進むべき道をある程度明確に示しておく必要があります。そのため、我が社では「技術の中計(中期計画)」を作成しています。
まず大前提として、我々は大学とは違い「企業」ですから、開発した技術が事業につながらなければならない。しかし「素晴らしい技術を開発したとしても、その先の事業が見えてこない」という課題もあり、その辺りのズレを変えていかなければなりません。かといって、百発百中を目指すべきかというと、それも違う…。

諏訪百発百中というと、目先のことだけに走ってしまうので、先を見据えられなくなってしまいますからね。

杉山そう。事業として成長が見込める領域や、社会に貢献できる領域に、いつでも投入できるよう、常に技術を育てておかなければならない。そのバランスを保つことが、「技術の中計」に求められています。

諏訪だとすると、「技術の中計」は、「事業の中計」との密な連携をして立てているのですか?

杉山当然、技術と事業がキャッチボールをしながらになります。

諏訪では、どのような流れで「技術の中計」は作られるのでしょうか?

杉山まず、「環境・エネルギー」「健康・安全・安心」といった成長市場と、我々が戦略的に強化したい事業とを明確にします。その上で、我々が持つコア技術でどんなことができるのか、あるいは技術が足りないようなら、どのような技術を新たに取り込むべきかを考えます。
技術がなければ、いくら経営戦略や事業戦略を具体的に立てて、「この領域に向かって行こう」と思っても前へ進めませんからね。

諏訪「どうやって行くのか」の説明には、技術が不可欠ですね。

杉山今のように変化の激しい時代では、経営戦略や事業戦略を練れるのはせいぜい向こう3年~4年です。一方で、そのような戦略をもとに事業を実現するためには、技術はそれよりかなり前から仕込んでおかなくてはいけない。技術は開発に時間がかかりますから。つまり、技術は経営戦略や事業戦略に先行して、5年~10年先を見ていないといけないということになるのです。

諏訪技術が事業に先行して先を読む必要があるのですね。

杉山そう。そうなると、技術と事業とがキャッチボールをするとはいえ、まずは研究開発側が、「市場がどう変化していくか」あるいは「新たな市場がどう動いていくか」をある程度予測しながら、自分たちで技術のロードマップを描いていくことが、最初のステップとなるのです。それがないと、事業の経営、あるいは営業や販売、あるいは商品企画とキャッチボールをしようとしても、事業が具体化していないのですから、うまく球は投げられません。

諏訪しかし、市場の情報だけで将来の事業を具体的にイメージするのは、そう簡単なことではないですよね。それに、変化の大きな昨今において、「先を読む」こと自体、はるかに難しくなってきています。10年~20年前でしたら、例えば、「テレビはどんどん薄型化されていく」「半導体はどんどん集積密度が高まって小型化していく」ことが前提にあって、「フィルムの薄型化」や「より微細な加工を可能にする光学技術」など、その先に求められる技術も想像しやすかったように思います。しかし、テレビもこれ以上薄くしてどうするのかという議論もありますし、解像度を高めた先に果たして市場があるのかどうかも不明瞭です。5年~10年先を読むことは、至難の業とも思えるのですが?

→次のページへ