NINESIGMA TOP > 研究開発TOPとの対談 > 第3回 帝人株式会社 取締役専務執行役員/技術最高責任者/高橋 卓

帝人株式会社

取締役専務執行役員/技術最高責任者 高橋 卓

研究開発TOPの描く組織運営・開発戦略とは何かを問う対談連載シリーズの第3弾では、ゲストに帝人株式会社で取締役専務執行役員を務める高橋 卓氏をお迎えし、R&Dの未来図についてお伺いしました。
高機能繊維・複合材料、電子材料・化成品、ヘルスケア、繊維製品・流通、ITなど、長年培った化学技術や最先端の研究開発を通して様々な事業展開を行う帝人の、今後の展望について教えていただきました。

諏訪本日はお時間をいただき、ありがとうございます。御社は、自社のホームページで研究開発戦略について非常に分かりやすく説明されていますね。この対談をご覧になっている読者の皆様には、そちらも参考にしていただきたいと思っていますが、本日は、すでにウェブで公開された情報にとどまらず、オープン・イノベーションや新ヘルスケア事業を創出した背景についても、踏み込んでお伺いできればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

高橋こちらこそよろしくお願いいたしします。


ポートフォリオの転換:新ヘルスケア領域の強化

諏訪まず、御社の研究開発戦略についてお伺いします。技術ポートフォリオの変革を通じて、素材技術とヘルスケア技術の領域を融合させ、新ヘルスケア事業への展開を打ち立てた背景についてお伺いできますか?

高橋帝人では、素材とヘルスケアという2つの柱を持っています。その内、素材だけでいいますと、グローバル競争のなかで帝人より上位にいる企業は相当数あります。しかし、ヘルスケアの領域において、自前でそれなりの水準を保ち、高い技術を培ってきた素材オリジンの企業は、帝人以外そういないと自負しております。

諏訪確かに、買収などによってそうした機能を後から得た企業は少なくありませんが、御社のように自前で育ててこられた企業はそういません。

高橋ですから、この二つの領域を組み合わせた融合領域においては、新たな技術やその先にあるソリューション、商品、あるいはサービスといったものを提供する上で、帝人が最もふさわしい存在だと認識しています。それを認識だけにとどまらせず、自社で取り組むべき技術を正しく組み合わせ、開発を進めていかなければならない。しかし一方で、自社だけでは難しい新しい領域に関しては、オープン・イノベーションによって、他の研究機関や、場合によっては、競合会社とも連携を取ることが重要だと考えます。そのため、帝人では「オープン・イノベーション戦略」を掲げ、実際にその融合領域において、ソリューションや商品・サービスを提供するという方針を明確に打ち出したわけです。

諏訪社内には、長年技術を培ってきた技術者もおり、社外から技術を評価し取り込むスキルもあるため、自前の開発だけでなく、オープン・イノベーションにおいてもメリットがある。まさに、御社の強みが活きる領域だということですね。

→次のページへ