NINESIGMA TOP > 研究開発TOPとの対談 > 第13回 住友ベークライト株式会社 常務執行役員 研究開発本部長 朝隈 純俊

住友ベークライト株式会社

常務執行役員 研究開発本部長 朝隈 純俊

半導体封止剤で世界一のシェアを誇り、プラスチックのパイオニアとして世界に躍進する「住友ベークライト」。
プラスチック総合メーカーとして、半導体や電子部品、自動車、医療、包装などプラスチック製品を製造・開発する同社で、常務執行役員を務める朝隈純俊氏に、R&Dの取り組みについて伺いました。

目指すのは研究所の体制強化
新規事業の創出を担う「25年活動」

諏訪今年(2014年)の1月の化学工業日報の紙面に、朝隈さんのコメントが掲載されていましたね。記事は、住友ベークライトの売上高3000億円を目指すにあたって、新規事業の売上比率をこれまでの20%から50%へと引き上げるという内容でしたが、この点について詳しくお聞かせください。

朝隈はい。現在、当社の年間売上高は約2000億円です。新規事業とは、既存技術をベースにした新分野・新領域への事業展開や、既存事業領域での新製品投入も含めた事業拡大を念頭にしていますが、それらの売上比率を50%まで引き上げるとなると、新たに1000億円規模の新規事業を創出しないといけません。

諏訪1000億円規模を新たに生み出すのは、非常にアグレッシブな目標にも思えますが、R&Dの果たす役割も自然と重要になってきますね?

朝隈ええ。当然、研究体制の強化は欠かせません。住友ベークライトでは、各事業部が研究開発から製造、マーケティング、営業全てを行っています。さらに、事業部の研究所とは別にコーポレートの研究部門を置くことで、研究体制の強化を図っています。

諏訪どのように研究体制を強化されているのですか?

朝隈事業部とコーポレートのそれぞれの研究所の役割を明確にすると同時に、事業部の研究部門とコーポレートの研究部門間の連携、連動性をもたせることによって、グループ全体としての研究開発機能の強化を進めています。

諏訪ではまず、事業部の研究所はどのような役割を担っているのですか?

朝隈基本的に事業部の研究所は実際に事業を行う部署なので、お客様への日々の対応から、次にリリースされる製品に対しての取り組みなど、比較的時間軸が短くて出口のはっきりとした開発を行っています。

諏訪既存製品の改良が中心ですか?

朝隈改良的な要素もありますが、既存品の改良は、基本的には工場の製造技術部門が担当しますので、研究所ではあくまでも新製品の開発という役割ですね。ただ、どのような材料が適しているのか試行錯誤をくり返しながら進めるというよりは、あらかじめ目標となる材料の特性(製品設計)や顧客における事業計画がすでに明確になっているケースが多いので、やるべきことを納期通りにやり遂げる、という仕事に重点がおかれます。

諏訪では、コーポレートの研究所ではどのような研究をなさっているのですか?

朝隈コーポレートの研究所は事業部とは異なり、新たな顧客を開拓して市場を作り出すことが多いため、どういった特性の材料を探して開発すればよいのか、最初は明確になっていないことも多く、少し長いスパンでの研究になります。

諏訪それぞれの役割が、最初からはっきりと異なりますね。そうした役割の違いは研究所間でも共有されているのですか?

朝隈ええ、もちろん。研究所自体それほど大きな規模ではありませんが、これまで、研究所間のコミュニケーションがあまり十分ではありませんでした。同じような内容の研究をお互いよく知らずに進めていたこともありましたから。

諏訪そうした背景もあって、各研究所の役割を明確にしたのですね?

朝隈はい。最近、経営的に研究成果が見えにくいと感じることがありましたから、体制も含めて目的・目標をはっきりさせることが狙いでした。また、事業部研究所間、事業部研究所とコーポレート研究所間の連携や、技術開発から製品開発までの連続性、さらに、解析技術などの支援研究との連動性を、より深める取組みにもかなり力を入れて取り組んでいます。

諏訪そうはいっても、ニーズがはっきりしている場合であれば目標や目的は明確ですが、コーポレートの研究はそもそもテーマ自体をどう設定するのか、他社も含め頭を悩ませることが多いと伺います。将来のテーマ設定などはどのように行っているのですか?

朝隈いろいろな取り組みをしておりますが、中でも大きな一つが「25年後先の世界をイメージする」という活動です。

諏訪それは、どういう活動ですか?

朝隈25年という年数にあまり根拠はないのですが、私が入社して、25年経ったということもあって、「自分が会社に入社したころの社会や世の中はどんな時代だったのか?」それに対して「今はどう時代なのか?」といった議論をしています。今から25年前といえば、テレビは全てブラウン管でしたし、携帯電話や自動車電話も携帯するには程遠い大きさのものばかりでしたからね。

諏訪25年というスパンで見ても、技術が大きく変化をしていることが分かりますね。

朝隈ええ。次に25年前にこんな世の中になるということをどういう人が想像していたのかも考えてみます。

諏訪一部では、まるでSF世界のような進化を遂げた部分もありますね。

朝隈そこには若い社員も入り、逆にこの先1年〜25年先まで、どういう世界になっているのかを検討しています。言葉からすると今もあるのですが、ライフサイエンスやエネルギー、環境、人口がどのくらいになっているかといったことも、具体的なデータを算出し予想しています。

→次のページへ