2017年8月 ビジネス化を見据えた研究開発テーマの探索

開催地域

東京

日時

2017年8月22日(火)15:00~ *受付:14:30~

会場

トラストシティカンファレンス・丸の内(東京都千代田区)

定員

30名

開催地域

大阪(共催:Osaka Innovation Hub)

日時

2017年8月21日(月)15:00~ *受付:14:30~

会場

Osaka Innovation Hub (大阪市北区 グランフロント大阪)

定員

30名
定員を超過した場合は、抽選となりお申し込みを締め切らせていただく場合がございます。

セミナーのねらい

最近、製造業のR&D部門の方からオープンイノベーションを用いた新規事業の創出についての問い合わせが多く、R&D部門を拠点とした新規事業開発の機会が増えていると感じています。

そのような研究者、技術者が抱えている課題の多くは、新規事業の「事業テーマを探すこと」や「フォーカスする領域を探すこと」、そして「収益化に向けたソリューションを開発すること」といった、ビジネスデザインのフェーズにあります。

本セミナーでは、このような課題に対し、デザイン思考の専門家である(株)mct(http://www.mctinc.jp/)とコラボレーションし、「デザイン思考」や「人間中心のイノベーション思考」を用いたビジネスデザインの取り組みをご紹介し、デザイン思考を用いるとどのようなアプローチができるのか、そのヒントを得ていただくことを目的としています。

参加対象

企業のオープンイノベーション推進者・実践者の方
企業のR&D部門の方で新規事業創出を考えられている方
※人間中心イノベーションからのアプローチとなりますので、以下のような業種の企業が対象となります
  ・最終顧客が一般消費者であるBtoCやBtoBtoC企業
  ・BtoB企業でも、”人”が介在する企業
  (例えば社員の健康管理サービスや、工場ラインの人災察知技術など)

プログラム *2部構成

【 第1部 : ビジネス化を見据えた研究開発テーマの探索】 約60分


  1.オープンイノベーションの概要(講師:若宮俊太郎 / ナインシグマ・ジャパン)

  2.デザイン思考や人間中心のイノベーション思考を用いた研究開発テーマの探索(講師:下野史弘 / 株式会社mct)

 ~ 質疑応答・個別相談会 ~  約30分 (ご退席自由)

【 第2部 : ナインシグマのプログラム紹介】 約20分

 講師 弊社オペレーションスタッフ

講師

下野史弘  (株)mct

ビジネスデザインユニット ストラテジスト

若宮俊太郎  (株)ナインシグマ・ジャパン

東京工業大学 大学院理工学研究科化学工学専攻修了。花王株式会社を経て、株式会社ナインシグマ・ジャパン入社

 


ページトップへ戻る