2017年1月 スタートアップ企業の探索・コミュニケーション方法

開催地域

東京

日時

2017年1月18日(水)15:30~17:00

会場

トラストシティカンファレンス・丸の内(東京都千代田区)

定員

30名

開催地域

大阪(共催:Osaka Innovation Hub)

日時

2017年1月20日(金)15:30~17:00

会場

Osaka Innovation Hub (大阪市北区 グランフロント大阪)

定員

30名

*定員を超過した場合は、抽選となります。

セミナーのねらい

近年、製造業を中心に、製品の開発・製造のスピードや生産性向上を目的にオープンイノベーション活動への関心が高まっています。オープンイノベーションにおいて、新規性の高い技術を有するスタートアップ企業との協業は、ビジネス展開において、極めて重要であるにも関わらず、多くの国内企業が困難を感じる点です。

本セミナーでは、ノキア、サムスンにてオープンイノベーションを実践してきた講師の経験をもとに、スタートアップ企業の探索方法とそのコミュニケーション方法について解説します。。

参加対象

対象とする分野・部門におけるオープンイノベーション推進者の方

  • オープンイノベーションを開発プロジェクトで活用するための、具体的な手法や事例を知りたい。
  • 国内の中小企業・アカデミアのみならず、海外の組織からも技術を導入していきたい方の参加をお待ちしております。
  • オープンイノベーションにご興味のある若手技術者のご参加も歓迎いたします。

セミナーの内容

  1. オープンイノベーションの概要

  2.スタートアップ企業の探索方法

  3.スタートアップ企業とのコミュニケーション

  4.先進企業における事例

  5.ナインシグマのプログラム

講師


渥美 栄司 (株)ナインシグマ・ジャパン

メリーランド大学(米国)客員研究員、三菱電機、ノキア、サムスンを経て、(株)ナインシグマ・ジャパン入社。ノキア、サムスンにてオープンイノベーションを実践。ICT、エレクトロニクス、エネルギー、ヘルスケアなど様々な業界を支援。

ページトップへ戻る