よくあるご質問

ご不明な点等ございましたら、ヘルプデスク phd2@ninesigma.comもしくは、お電話の場合は 03-3219-2006 へお問い合わせください。

Q1

提案提出後のプロセス

募集締め切り後、それまでに集まったすべての提案をナインシグマから、技術を募集している依頼主企業 (以下、依頼主)へ提出します。 依頼主社内における提案の一次審査には、提案締め切り後およそ6週間程度かかります。その後、一次審査を通過した提案者には、二次審査のためのさらなる情報提出が依頼されます。また見送りとなった提案者に対しては、採用見送りの通知をご連絡差し上げます。

一次審査を通過した提案者には、ナインシグマのプログラムマネージャーからメールで追加質問が送られ、機密情報を含まない範囲での追加情報の提出が求められます。二次審査を通過した提案者には、依頼主から直接連絡が行きます(ここで初めて依頼主の企業名を知ることができます)。ただし、この時点で協業が確定するわけではなく、ここから協業に向けた具体的な議論が始まることとなります。この時点で、ナインシグマは技術仲介者としての任務を終了します。
Q2

提案の選考プロセスはどのくらい時間がかかりますか?

プロジェクト毎に設定されている締切日までにご応募ください。通常は公開日より約4週間後です。締め切りに間に合わない場合は、その旨をヘルプデスクまでご連絡いただければ、個別に対応いたします。一般的に1~2週間程度であれば、締め切り後でも提案を受け取ることはできます。
募集締め切り後、依頼主は約1~2ヶ月かけて応募者の選考を行います。選考を通過した後は、契約交渉が1~4ヶ月程度かかります。
Q3

提出したプロポーザルは誰が目にするのか。

ご提出いただいた提案は、依頼主と弊社以外には一切公表されません。
Q4

IP(知的所有権)はどのように保護されるのか?

提案は、機密情報を一切含めずに作成してください。
依頼主も、知的所有権を侵害することがないよう、機密情報を含まない提案を求めています。提案フォームに沿って提案内容をご記入いただき、提出時に、提案内容が機密情報を含まないことに同意いただく欄へのチェックをお願いいたします。いただいた提案が最終選考に残り、依頼主が社名を開示し直接コンタクトを始める段階で、必要に応じて守秘義務契約を結び、機密情報を含む情報のやり取りを開始いただくこととなります。
提案者の知的財産を依頼主が使用する場合、その形態は両者の直接協議によって決められます。具体的には、IPの売買、ライセンス契約、共同特許、ロイヤリティ、売買契約などがあります。
Q5

ナインシグマの「提案者ネットワーク」に入るためには?

弊社のオープンイノベーション コミュニティ プラットフォーム NineSightsにてユーザー登録いただくことで、提案履歴などを一元管理いただけます。その他、弊社ニュースレターにご登録いただければ公募中の技術テーマをメールにて毎週ご紹介いたします。
https://ninesigma.co.jp/signup/
Q6

提案提出に費用は発生するのか?

募集に関する金銭的な負担は、依頼主がすべて請け負いますので、提案者に対する支払いの要求はありません。
Q7

募集企業名は明らかにされないのでしょうか?

依頼主がRFP(募集要項)に会社名を記載するかどうかの判断は、依頼主の判断に委ねられています。選考の結果最終候補として残った組織に対してのみ、依頼主が社名を開示して直接交渉が開始します。
Q8

評価される提案を作成するためにできることは?

依頼主は、提案の次のような要素に注目しています。
  •  ●当該技術の明解な説明
  •  ●当該技術の商業的な可能性の説明
  •  ●当該技術が実用化されているかどうか
  •  ●当該技術に環境汚染や安全性の問題がないか
  •  ●当該技術にIPの観点から保護が可能か、問題点がないか
  • 共有いただける範囲で、上記の項目についてご説明いただけると、依頼主の理解も深まり、
    関心を持ってもらえる可能性が高まります。      
    Q9

    私のメールアドレスはどのように扱われるのでしょうか?

    ナインシグマのネットワークにご登録いただく際、メールアドレスを含む皆様のコンタクト情報を提出していただきます。ナインシグマは、ご登録いただいた皆様がご興味を持つと思われる技術募集の情報を提供するために、ご登録いただいたメールアドレスを使用いたします。
    提案をご提出いただくと、メールアドレスを含む、提案者のコンタクト情報が依頼主へ提供されます。ナインシグマが依頼主以外に提案者のコンタクト情報を提供することは一切ありません。

    ページトップへ戻る