東京電力ホールディングス社の成功事例

東京電力×シドニー工科大学 東京電力×立命館大学

プロジェクトの背景

プロジェクトの背景

東京電力ホールディングスは年間1000基程度の送電鉄塔の塗装メンテナンスを続けていく使命を背負っている。

人手に頼る形以外の方法がないため、今日までは、ぼう大な工数と費用をかけてメンテナンスが行われてきた。

一方、少子高齢化によって、もともと数に限りのある高所作業者の人口も減っていくため、鉄塔塗装メンテナンスの劇的な省力化(完全自動化、あるいは、半自動化)は必然的な将来課題である。

技術探索の工夫

送電鉄塔への適用経験を求めると、該当組織は希少である。

そのため、橋梁などの社会インフラへ適用すべく、検査・メンテナンスロボットの開発に挑むベンチャー企業や大学等に幅広く問いかけた。

遠大なテーマであるため、依頼企業の本気度を伝えるべく、社名を開示し、共同開発に意欲を有するパートナーを探索した。

成果

成果
鉄塔に自ら登り塗装メンテナンスを行うロボットの開発を提案したオーストラリアのシドニー工科大学(University of Technology Sydney, Center for Autonomous Systems)のLiu教授との共同研究、ならびに、人手で鉄塔の各所に持ち上げた後にメンテナンスを実施するロボットの開発を提案した立命館大学 生物知能機械学研究室の馬教授との共同研究に進んだ。

シドニー工科大学はシドニーハーバーブリッジの塗装メンテナンスロボットの開発・事業化実績があり、一方で立命館大学はへび型ロボットや象の鼻型ロボットなどの開発実績があった。
ナインシグマの技術募集を通し、東京電力は海外の英知と国内の英知の二本柱で遠大な課題への挑戦を始めた。

豊田合成社の成功事例

豊田合成×海外企業

プロジェクトの背景

プロジェクトの背景

高強度かつ軽量な次世代の高圧水素タンクの製造方法として、樹脂製タンクに、樹脂を含浸させたCFRPなどの繊維を巻きつける方法(フィラメントワインディング)が注目されている。

単に巻き数を増やすのみならず、巻き方の工夫により高強度化を図れる可能性がある。

一方、巻き方が複雑になると、既存装置では扱えなかたり、作業時間がかかりすぎるという課題があり、技術革新を必要としていた。

技術探索の工夫

フィラメントワインディングの装置開発に取り組む企業、そうした装置の制御ソフトウェアの開発に取り組む企業、フィラメントワインディングの受託検討に応じる企業に対して全世界に問いかけ、来る水素社会の実現に参画意欲をもつ開発パートナーを探索した。

成果

成果
世界各国のフィラメントワインディングに関連する組織から技術提案を得ることができた。

代理店の支援を得て直接やり取りに踏み出すことで、トイアル装置による検討を行うなど、欧米企業との装置開発検討に進んだ。

グリーンコンチネンタル社の成功事例

グリーンコンチネンタル×埼玉大学

プロジェクトの背景

プロジェクトの背景

グリーンコンチネンタルは、洗練化された樹形の観葉植物の販売やリースなどを通した空間演出を行う植物の「造形美」の追求に並ぶ柱として、センサーなどの技術と組み合わせて植物を活用する「機能美」の追及への挑戦を開始した。

その第一歩として、人間にとってよりよい環境を作るために、植物の時々刻々と変化する状態を計測することで、空気の状態を把握するソリューションの開発に挑むこととした。

技術探索の工夫

土壌の状態などを計測することで間接的に植物の状態を把握する技術は数多く実用化されている。

一方、植物の状態を直接的に計測する技術については多くが研究開発段階にある。

そのため、スタートアップや中小企業からの技術はもちろん、大学や研究機関との共同研究も視野にいれ、パートナーを探索することとした。

やりたいことを公開して広く浅く応募を募るより、有望技術を持つ組織に蜜にアプローチすることでビジョンに共感を得ることができ、かつ、実行力のあるパートナーを探すアプローチをとった。

成果

成果
環境変化を受けた植物が、茎から超音波を発し、茎を振動させる点に注目し、振動センシングによる植物の生育診断に取り組んでいた、埼玉大学 理工学研究科 蔭山健介教授との共同研究に進んだ。

グリーンコンチネンタルは、蔭山教授とともに、植物が一時間に何回、音を発しているかを計測し、それをもとに植物の状態、ひいては、その周辺環境を理解するソリューションを1年程度かけて共同開発した。

現在、グリーンコンチネンタルは、同社植物の納品先に対して、同ソリューションの提供を開始している。

ページトップへ戻る